髭を上手にカットするためのテクニック

髭のカットが上手ければ、おしゃれでスマートな髭を作れます。

そのために、どんな髭のデザインにするのかを決めて、その形にカットしていくようにしましょう。

一般的な髭のデザインとしては、顎鬚だけを少し残すもの、もみあげから顎鬚まで伸ばすもの、口髭と顎鬚を結ぶものがあります。

どんな髭のデザインにするとしても、カットが上手でなければ見た目が悪いものになってしまうので、カットの方法を学ぶことが必要です。

髭を伸ばしすぎると、おしゃれでスマートというよりは、見た目が悪い無精なものになってしまうので、ある程度の長さでカットすることが必要です。

3から5ミリ程度の長さが良いと言われていますので、その長さでカットしておくことができるでしょう。

そのために、髭をカットするためのハサミやトリマーを用いることができるでしょう。

ハサミであれば、自分で思うようにカットすることができますが、カット部分が直線的になってしまうこともあるので、少しづつ整えることができるでしょう。

また安全性を高めるために、ハサミの先が丸くなっているものが一般的なので、それを用いて行くことで安全に髭をカットすることができるでしょう。

カット用のトリマーなら、バリカンとして髭の長さを揃えることができますので、より手軽でしょう。

しかし、トリマーは失敗してしまうと髭が大変なことになるので、使い方が上手くなるようにしましょう。

さらに髭のカットのためには、見やすい鏡、鏡を使う場所には明るい光が必要でしょう。

暗い場所で髭を剃ってしまうと、見づらいために失敗してしまうことが多いので必須です。