髭にニキビがあるときの対処法

髭とニキビに気をつけることで肌を守れるでしょう。

そのためニキビ肌の人も、髭剃りをすることでニキビができる人も、どちらも自分の肌の状態に気をつけておくことで、ニキビなどのトラブルを防ぐことができるでしょう。

まずは髭剃りをすることでニキビができてしまうことについて考えてみましょう。

髭剃りというのは、髭を剃るだけでなく、肌も剃ってしまうことがあります。

そのため、肌のバリア機能を衰えさせてしまい、それがニキビ菌というニキビの原因の働きを強めてしまうことになるのです。

肌が弱くなっていると、ニキビ菌が深くまで入り込み、繁殖してしまうのでニキビができるのです。

このニキビに見えるものが、毛のう炎という別の菌の繁殖になっていることもあるので、肌を傷つけないように髭剃りすることが必要でしょう。

逆にニキビが既にある状態のときはどうでしょうか?

その場合でも、髭剃りをしないというわけにはいかないので、髭を剃るための正しい方法を知っておくことができるでしょう。

まずできることは、しっかりと皮脂を取るために洗顔し、髭を柔らかくするまで蒸らすことが必要です。

その後、シェービングクリームなどを塗り、ニキビを避けながら優しく髭剃りを行なうことができます。

ニキビを剃ってしまうと、肌を深く傷つけることになるので注意しながら剃るようにしましょう。

髭剃りをした後も、しっかりとケアをして、肌荒れがひどくなったり、ニキビの状態がひどくなったりすることのないようにしましょう。