髭を抜くことは正しいことか

髭を抜くというのはよいことではないでしょう。

ですから、髭を抜く習慣がある方々は、髭を抜くということが、肌などにどんな問題を引き起こすかということを知っておくことが良いでしょう。

まず髭を抜くということで、髭が肌の中で迷子になってしまうという問題があるでしょう。

実は、髭というのは強い毛のひとつで、そのため、無理に抜いてしまうことで、根毛に近い部分だけが肌の内部に残ってしまうのです。

それにより、毛穴が塞がれてしまうと、伸びてきた髭が肌の中で迷子になることがあるのです。

これは、その後色素沈着、肌の炎症などのトラブルを引き起こしかねない状態なので、危険であるといえるでしょう。

他にも髭を抜くということは、ニキビのような肌トラブルを引き起こすことがあります。

これは毛のう炎と呼ばれる状態で、髭を抜くことで毛穴に隙間や傷ができ、それが細菌が繁殖する場所になってしまうというものです。

白っぽい膿がたまってしまうこともあり、見た目にも悪いものと言えるでしょう。

重症化すると、病院での治療が必要になることもあり、肌を切ってから膿を取り出すこともあるようです。

他にも、髭を抜くことで、ヘモグロビンの影響による、紫色の色素沈着が起きることがあります。

メラニンによって、黒色の色素沈着が起きることもあるでしょう。

このように髭を抜くということは、肌トラブルを起こしやすいので、どうしても抜くというのであれば、その後のケアとして、清潔にしたり、必要な栄養を摂ったりするようにしましょう。