髭が生えないことがありますか

髭が生えないという状態はホルモンに関係しています。

そのため、男性だから髭が生えるということではなく、髭が生えない、もしくは生えにくい人がいるということです。

では、そのホルモン状態について知り、髭が生えないというメカニズムを知るようにしましょう。

実は髭が生える生えないということには、ホルモンのひとつであるテストステロンというものが関係しています。

このテストステロンというホルモンは、男性によって差があるというものではなく、ほとんどの人が同じ分泌量だということが研究で分かっています。

そのため、ホルモン量が多いから髭が生えやすい、ホルモン量が少ないから髭が生えないということではないのです。

では何が問題なのでしょうか。

実は、テストステロンという成分に対する身体の反応によって、その濃淡が決まっているということです。

ですから、髭が生えないということであれば、自分の体の中での反応が弱いということになるでしょう。

では髭が生えないということにメリットがあるでしょうか。

実は、髭が生えないということは、テストステロンという成分への反応が弱いために起きるものですが、頭髪が薄くならないというメリットがあるのです。

ですから、髭が生えないという場合には、髪が薄くならないということで安心感があるでしょう。

逆にいえば、髭が生えやすいということは、テストステロンの反応によって髪が薄くなりやすいという心配があるということです。