寒天とゼラチンは同じものですか

寒天とゼラチンはまったく違うものです。

お菓子を作ったり、料理を作ったりする時に寒天やゼラチンを使うことがありますが、まったく違うものだということが分かっていれば、どのように使うことがいいのかもわかるでしょう。

そもそも寒天とゼラチンの大きな違いは原料の違いです。

寒天は海藻という植物由来のもので、煮汁を固め乾燥させたものが使われています。

一方ゼラチンは動物の皮、また骨から抽出された成分のことです。

そのため、寒天は食物繊維が多いものとなっていますが、ゼラチンはタンパク質が主な成分となっているのです。

この主な成分の違いが、寒天とゼラチンの固まり方に違いを生じさせています。

寒天の場合には常温で固まることがありますが、ゼラチンの場合には冷蔵庫などで冷やしておかなければ固まらないのです。

この違いがわかっていれば、寒天とゼラチンの利用法の違いなどを知ることができるでしょう。

寒天については、主な成分が食物繊維なのでダイエットに効果があったり、生活習慣病の予防ができたり、癌の予防ができたりするので価値が認めれています。

ゼラチンは、タンパク質という成分が主なので、コラーゲンを摂ることができるでしょう。

そのため、肌や骨にとって良いものを摂ることができるので、美肌を得ることができたり、骨が弱くなるのを予防できたりするでしょう。

しかし寒天やゼラチンに対しての注意点として、柑橘系のものなど酸性のものを加えてしまうと固まらなくなるので、粗熱をとってから素早くまぜるという手順を踏むようにしましょう。