寒天の中でも棒寒天を選ぶ理由がある

寒天の中の棒寒天を上手に使って料理の幅を広げましょう。

特に、棒寒天の場合には、しっかりと水で戻すということを間違わなければ、上手に使うことができるでしょう。

ですから、棒寒天を初めて使うのであれば、その戻す方法を覚えておくようにしましょう。

まず棒寒天を良く洗うことから始めるようにしましょう。

その後、棒寒天を水で戻すのに適当な大きさに割ったり、ちぎったりしておきましょう。

その適当な大きさになったものを、鍋などにたっぷりといれた水の中にいれておきましょう。

そのまま三十分ほどおいておけば、柔らかい状態の寒天を手に入れることができるでしょう。

そのまま棒寒天を溶かしたいのであれば、適当な大きさになった棒寒天がはいった鍋を温めていき、しっかりと固まりがなくなるまで溶かしておくことができるでしょう。

ずっと混ぜておく必要はないかもしれませんが、時々混ぜることで、しっかりと棒寒天を溶かして行くことができるでしょう。

そこに味を付けたいのであれば、棒寒天がしっかりと溶けてから、砂糖をいれたり味をつけたりすることができるでしょう。

その後、何か型にいれてしまえば、固まった寒天として食べることができるでしょう。

棒寒天のようなものは、しっかりと溶かしきらないと、その後の味わいが悪くなることがあるでしょう。
さらに、酸性のものがはいってしまうと固まりにくくなってしまうので、いれるタイミングや入れ方に気をつけることが必要です。