寒天に含まれている栄養はどんなものか

寒天の栄養は食物繊維が多いといえるでしょう。

もちろん、他にもいくつかの有用な栄養成分が含まれているのが寒天ですが、海藻由来のこの食品は特に食物繊維に注目すべきものです。

この食物繊維は飛びぬけて多く、100グラムあたりの換算で1.5グラムと言われています。

これほど多ければ、寒天の食物繊維により腸内の掃除がおこなわれ、便秘解消などを狙うこともできるでしょう。

腸の状態が良くなれば、肥満の解消や高血圧予防などにつながるので、健康効果も非常に高いといえるでしょう。

さらに、この食物繊維は胃で分解されることにより、アガロオリゴ糖とう成分になり、癌予防などに効果がある抗酸化作用物質となるようです。

そのため、寒天の栄養素の中でもこの食物繊維は注目に値するものなのです。

寒天の他の栄養成分としては、カルシウムがあります。

100グラムあたりの寒天に10ミリグラム含まれている寒天によって、骨などに必要なカルシウムを補うことができるでしょう。

カルシウム不足によって骨や歯がもろくなってしまったり、精神的な不安定さが出るということもありますので、栄養素としてのカルシウムも無視できないのではないでしょうか。

他にも、寒天には鉄分やカリウムといった栄養が含まれています。

海藻由来の食品のため、ヨードといった成分も含まれていて、これが痰をとかしたり、体を冷やすという効果があるようです。

体に良い栄養がつまっている寒天を食べる理由は多くあるでしょう。