生活保護はどのような条件や基準のもとで受けられるんでしょうか?

生活保護とは厚生労働省が定めている生活をサポートする制度です。

資産や働く能力をすべて活用しても生活が困窮してしまうという場合に受給できるものが生活保護です。

生活保護を受給する際には、資産を活用すること、また世帯に働くことができる人がいないか、さらに扶養義務者が援助をできないかなどを調査されます。

希望していてもすぐに生活保護を受けることができないということが特徴です。

受給の申請をするためには、まず住んでいる市区町村の役場で相談をし、生活状況についての説明などをしましょう。

その後必要な書類をそろえて提出をして、調査、決定となっていきます。

生活保護費には「生活扶助」「介護扶助」「教育扶助」「医療扶助」といったように内訳があります。

それぞれの目的に沿ったお金の使い方をすることが必要となります。

そのため、クレジットカードや借金といったものへの返済はできません。

借金の返済などは債務整理を行うか生活保護を受けている期間には返済を待ってもらうなどの手続きをする必要があります。

生活保護費で借金の返済をしてはいけません。

引っ越しや給与の変化、就職、子供の進学といったように生活になんらかの変化がある場合には届出の義務があります。

生活環境が変わった場合、特に収入面に変化がある時には届出を忘れないようにしましょう。

近年、生活保護では不正受給や貧困ビジネスの問題が指摘されています。

不正受給を行わないことはもちろんですが、貧困ビジネスに巻き込まれないようにすることが大切です。