生活保護と介護扶助って?

生活保護を受給している世帯では「介護扶助」というものを受け取ることができるケースがあります。

「介護扶助」とはどのような場合に受け取ることができるものなのでしょうか?

どの世帯でも自由に受け取ることができるのかと言うと「介護扶助」は当てはまらない扶助です。

世帯の中に要介護、または要支援と認定されている人がいなければ支給されません。

「介護扶助」は一般的に知られている介護保険と同じ程度の扶助を受けられるというものです。

生活保護を受給している世帯で「介護扶助」を受け取るには、要介護認定を受ける必要があります。

要介護認定申請書と介護保険書をそろえて各市区町村の役場で申請を行いましょう。

その後は家庭訪問で認定調査が行われたり、主治医の意見書などを使って要介護度を判断したりします。

介護認定が下りた場合には30日以内に通知が届くので、介護支援事業者とケアプランを作って生活保護の担当員へと申請するという流れになります。

手続きが済めば「介護扶助」を受けられるようになるので、介護をスムーズに行うことが可能となります。

在宅サービスでの訪問介護や訪問入浴介護、訪問看護介護、デイサービス、リハビリテーションといったもののほか、福祉用具の貸与を受けることができます。

自宅での療養管理指導も行ってもらうことができます。

施設への入所の際の費用を支給してもらうことも可能です。

世帯に要介護、要支援の人がいる場合には検討してみてください。