生活保護とクレジットカードって?

生活保護を受けている人はクレジットカードを持つことはできるのでしょうか?

色々な情報がありますが正しいことを知っておきたいものです。

不正を犯さないためにもクレジットカードについての情報をしっかりと集めておきましょう。

クレジットカードは通常であれば、余程大きな問題がない限り誰でもすぐに作ることができます。

そのため生活保護を受給している人にも簡単に作ることができるイメージがあります。

しかし、クレジットカードの機能をよく考えてみてください。

支払う代金を後日、設定されている決済日にまとめて決済するという機能を持っていることがクレジットカードの基本となっています。

これは一時的に負債を負うということです。

負債を作るということは生活保護では違反となってしまうため、クレジットカードを作ることはできません。

つまり、生活保護を受け取っているという人は、即時決済で買い物をする必要があるというわけです。

生活保護を受け取る前までにクレジットカードを持っていたというケースはよくあることです。

この場合には解約が求められます。

生活保護の受給を考えていて、相談や申請を行うという場合にはクレジットカードは解約する必要があるものなので、持っている人は扱いに十分注意しておく必要があります。

生活保護受給者でもクレジットカードを作る方法があるといった情報が多く存在しています。

しかし、これらの情報は鵜呑みにしないようにしてください。