生活保護の基準って?

生活保護を受けるための基準をチェックしてみましょう。

受給を希望したからと言って、すぐに生活保護を受けることはできません。

生活保護には基準があり、受給資格がなければ受け取ることが不可能なのです。

おおまかに説明すると、生活保護は国が定めている最低生活費よりも少ない収入しかなく生活していけないという場合や働くことができずに収入がないという場合に受給されます。

これが前提の基準となっているのですが、受給の際にはさらに細かくチェックする必要があります。

まず、基準として資産がある場合にはそれを活用しなければなりません。

資産がある場合、先に売却などして生活に充てる必要があるということになります。

生活保護の基準は個人で受けるものではなく、世帯で受けるものとして定められているので、世帯の中に働く能力がある人がいる場合には、まずその人が働かなければならないということもあります。

同様に扶養義務者がいれば、生活保護を受ける前に援助を頼むことが必要となります。

両親や成人している子供、兄弟姉妹、親戚などには扶養義務が生じることがあるので、扶養が受けられないことが生活保護の需給の基準のひとつとなります。

また、ほかの法律や制度を活用して生活の負担を軽減できないかを考え、それらを活用しても困窮するということが生活保護を受ける基準ともなります。

雇用保険や健康保険、各種の年金、児童扶養手当や高齢福祉手当、障害者福祉手当などをチェックしておきましょう。