生活保護と引っ越しって?

生活保護を受給している人の引っ越しには制約があり、通常の引っ越しとは異なる手続きなどが必要となるため注意が必要です。

どのような点に注意すれば良いのかをしっかりとチェックしておきましょう。

生活保護を受給している人でも、もちろん引っ越しをすることはできます。

しかし、手続きが複雑になるので漏れがないようにしてください。

まず、引っ越しをする時には役所の許可が必要となります。

国から支給されている生活保護費は、基本的には日常生活を送るために最低限必要とされるお金です。

引っ越しには多くの費用がかかるため、役所に相談して許可をもらうことが必要です。

また、引っ越して住むことができる物件は定められています。

家賃、年齢、障害、家族の有無などで条件が異なっているので、この点も役所でしっかりと説明を受ける必要があります。

勝手に住みたい物件を探して引っ越したいと希望しても引っ越しができないのです。

生活保護受給者を断るという物件のオーナーもいます。

不動産業者には生活保護を受けていることを伝えておいた方がトラブルを避けることができるでしょう。

生活保護の受給を受けている場合、引っ越しの費用も国が負担してくれます。

そのため、引っ越し業者を選ぶ時にはいくつかの業者から見積もりを出してもらって一番安い業者にする必要があります。

引っ越しの契約費用や引っ越し代金は窓口で受け取ることができます。

生活保護費ですべて引っ越しのお金をまかなうことができますが、制約があるということは覚えておきましょう。