生活保護の相談って?

生活保護を受給したいと考えている場合には、まず相談することが大切になります。

どのような場所で相談をすれば良いのか、しっかりと調べておきましょう。

なぜ相談することが必要となるかというと、生活保護の受給を決めても申請する前の相談の段階で断られるという場合があるからです。

相談で家庭の状況や事情を話し、色々な打ち合わせをしていくと、生活保護を受けられないということが判明する場合もあります。

生活保護の申請をしてしまっていると、手間や時間が無駄になってしまうため、まずは相談をして無駄のないようにすることが必要です。

また、生活保護の相談をすることは生活保護制度の説明を受けることができるよい機会でもあります。

多くの人は生活保護についてしっかりとした知識がないまま受給を考えているため、受給対象ではないことがあります。

このような場合でも、生活に困窮していることがあり、困っていることには相談に乗ってもらえるので、まずは生活保護についての相談や、そのほかの制度のついての相談をすることをおすすめします。

生活保護の相談は、各都道府県の自治体が運営している福祉事務所の生活保護相談窓口で行うことができます。

生活保護相談窓口のケースワーカーと直接話をしながら、生活保護についての情報や、自分が抱えている問題についての相談をしていきましょう。

病気などで窓口へ行けないという人は、事前に連絡をしておくとケースワーカーに訪問してもらうことも可能とされています。