生活保護と借金って?

生活保護を受けている場合に借金があるという人はどのようにしたらよいのでしょうか?

受け取っている生活保護費を借金の返済に充てたいという人もいるでしょう。

しかし、それはしても良いことなのか迷ってしまうことがあると思います。

実際にどのようになっているのかを知っておくことは、不正にならないようにするためにも必要なことです。

実は生活保護費を借金の返済に充てることはしてはいけないこととされています。

生活保護の費用は生活をしていくために必要な費用を支給しているのであって、借金を返済するための費用ではないからです。

目的が異なってしまうため、借金の返済に充てることは間違っています。

また、借金があるという場合に生活保護を受け取りたいという場合には、先に個人再生や自己破産、特定調停、任意整理などで債務整理をして、借金のない状態にしてから生活保護の申請をすることが原則となります。

もしも少額の借金がある状態で生活保護の申請をするというケースであれば、借金返済の期間を延長したり、一時停止の交渉が必要とされますが、それでも生活保護費からの借金返済が許可されたわけではないので十分に注意してください。

生活保護を受給することを検討している場合、借金についての問題があるという人は、先に借金の問題をクリアにしておく必要があるということになります。

福祉事務所の生活保護担当窓口で相談をしたり、弁護士・司法書士に相談するとわかりやすいでしょう。