運動不足と汗とは

運動不足になると汗をかかないということが多くなります。

このことから質の良い汗をかけなくなったり、逆に大量の汗をかく多汗症の症状が出ることがあると言われています。

運動不足であることで汗腺が休眠してしまっていることが多いことが、多汗症の原因となっていることが考えられます。

多汗症の人の悩みは、大量の汗にもありますが、臭いにもあると言われています。

普段は汗をかきにくい状態にあるにもかかわらず、急激に緊張したり、ストレスを受けたりすることでは一気に汗をかいてしまうことがあります。

その時に休眠していた汗腺からは溜まっていた老廃物や皮脂が汗と共に排出されるようになります。

多汗症の臭いの原因はここにあります。

汗の問題を解決するには普段から少し汗ばむ程度の運動をして、運動不足に陥らないようにすることが大切です。

適度に汗をかくことで、多汗症の時のような質の悪い汗ではなく、さらさらとして臭いのない質の良い汗をかく体質に変えることができるとされています。

汗のために運動不足を解消しようとすると、わりと激しい運動が必要になると思われます。

運動不足の人が急激に運動をしてしまうと体に大きな負担がかかってしまうので、最初は軽めで体に負担の少ない運動にすることを考えてください。

発汗させるためには入浴方法を半身浴にしたり、サウナを利用することで工夫してみることをおすすめします。

体が慣れてきたら、運動に負荷をかけるようにしてみましょう。