運動不足と腰痛とは

運動不足は腰痛の原因となってしまうことがあると言われています。

どのようなメカニズムで腰痛を引き起こしてしまうのかをチェックしておきましょう。

運動不足になると体の筋肉の働きが低下し、筋力が落ちてしまいます。

柔軟性もなくなってしまうため、腰痛が起きやすくなると考えられています。

体を支えることが難しくなることから、姿勢が悪くなることも腰痛の原因となります。

人間は二足歩行をしていることから、腰が体を支えるために重要な役割をしています。

運動不足によって、常に上半身を支えている腰の部分の筋肉の働きが低下してしまうと、バランスがうまく取れなくなってしまい、腰痛の原因となるだけでなく、血行が悪くなることから冷えなども引き起こす可能性が出てきます。

冷えが起きることも腰痛の原因のひとつなので、運動不足を解消して腰周りの筋肉が温まるようにする必要があります。

運動不足での腰痛は、筋肉や体のバランス、血行といった多くの面へ影響があることが原因で起きると考えられています。

そのため適度な運動を取り入れて、これらの原因を少しずつ取り除いていくことがポイントとなります。

筋肉は冷えなどで硬くなっていることがあるため、運動をしてほぐしていきましょう。

同時に筋力アップをする運動を行えば、姿勢を保つことができるようになります。

毎日少しずつ、軽めの運動から始めて継続させることで、辛い腰痛を改善できるようなっていくので、ぜひ試してみてください。