運動不足と頭痛とは

運動不足の人は頭痛を起こしてしまうことがあると言われています。

慢性的な頭痛の症状があるという場合、原因が運動不足であるということも考えられるので、チェックしておきましょう。

頭痛の原因は多くのことが関係しているため、一概に運動不足が原因となっているとは言い切れません。

しかし、運動不足が頭痛の原因のひとつであるということはわかっています。

なぜ運動不足で頭痛が起きてしまうのでしょうか?

運動不足になると、全身の筋肉が使われなくなってしまい血行不良が起きてしまいます。

血行不良は酸素や栄養を運ぶことができなくなってしまうことから、脳の酸素不足や栄養不足が引き起こされてしまい、同時に体内の疲労物質や老廃物を回収できなくなるという特徴を持っています。

疲労物質や老廃物は溜まってしまうと肩こりを引き起こして頭痛の原因となってしまいます。

つまり運動不足での頭痛は、脳に酸素や栄養が届かないことで起きることと、疲労物質や老廃物などで起きる肩こりが関係しているということになります。

運動不足が解消されれば、これらの症状が少しずつ取れてくるので頭痛も改善されてくると考えられます。

運動不足の解消のためには、頭痛があまりひどくない時に軽めの運動から始めることをおすすめします。

軽い運動を継続して行っていくと、徐々に長く運動することができるようになり、負荷もかけることができるようになっていきます。

頭痛の改善のためにも運動を取り入れましょう。