運動不足と体臭とは

運動不足になることは体臭の問題を高めてしまうというリスクを持っています。

多くの人が自分の体臭に敏感になってきていることから、体臭の問題が目立ってしまうことは避けたいものです。

運動不足になるとなぜ体臭が強くなってしまうのでしょうか?

これは、主に汗と関係があると考えられています。

汗はもともとはサラサラとしていて臭いのないものとされています。

しかし、運動不足が続いて汗腺が休眠状態になっていると、そこに老廃物や皮脂がつまるようになります。

老廃物や皮脂がつまった汗腺から出た汗はベタベタとしていて臭いをともなっているという特徴があります。

そのため、体臭の原因となってしまうのです。

運動不足の人は汗をかく機会が少ないため、汗腺が休眠状態になりやすいと言われています。

体臭が強くなりやすいのはこのためです。

つまり、適度に汗をかくような運動をして運動不足を解消すれば、汗が本来のサラサラと臭いのないものに戻って体臭が改善されると考えられます。

運動不足を解消する運動を行うことで汗をかき、汗腺を鍛えることが体臭の改善のポイントとなります。

運動を少しずつ行いながら汗腺を鍛えましょう。

また、入浴方法を工夫することでも汗腺を鍛えることができます。

急に激しい運動をすると体に負担がかかるので、入浴方法を工夫しながら、徐々に運動に体を慣らすようにしていくと、効率良く汗をかくことができるようになり、体臭の改善ができると考えられます。