運動不足と病気とは

運動不足の状態は病気のリスクを高めてしまうと言われています。

病気は適度な運動をすることで予防改善できるということは、多くの人に知られるようになってきました。

運動不足のままでいることは病気の原因になることがあるため、対策を行う必要があります。

運動不足がなぜ病気になりやすいのかというと、基礎代謝が低下していることと関係があります。

基礎代謝の低下は年齢を重ねたことでも起きるものなのですが、運動不足によっても引き起こされることがあります。

年齢による基礎代謝の低下は若い頃のようにはエネルギーを消費しなくなることから、体にエネルギーが蓄積されれてしまうことがあります。

エネルギーは消費されないと脂肪として蓄積されてしまいます。

年齢のことだけでなく、運動不足でもこれとおなじことが起きます。

内臓脂肪としても蓄積されることから、運動不足の状態はメタボリックシンドロームなどの原因になってしまうと考えられます。

そのほかの生活習慣病の原因となることもあるため、運度不足が病気のリスクを高めるとされているのです。

肥満だけでなく、糖尿病や高血圧、高脂血症や心臓疾患、呼吸器系の疾患、不眠症や便秘といった病気になることが考えられます。

これらの病気を引き起こさないためにも運動不足を解消させましょう。

ウォーキングやジョギング、水泳といった有酸素運動をゆっくりと自分のペースで行うということがポイントです。

無理をせずに運動を続けてみてください。